マイルがたまるカード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まち探検IN盛岡。

img010.jpg
                              画像クリックで拡大。

これが何かわかりますか?

「追跡サイン」だそうです。


2010.06.27(日)

長女が所属するカブスカウトの活動で、この「追跡サイン」を使って

カブ隊長の待つ場所までたどり着いたり

逆に子どもたちサインを作り隊長導いたりということを学んだらしい。


なかなか面白いことをやりましたねぇ。


その頃、S.R.S何をしていたかというと・・・

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

花火用空き缶アルコールランプ。

IMG_2930_convert_20100624223831.jpg

といえば花火

浴衣姿線香花火・・・ソソラレマス

och00.jpg


・・・ボクの趣味趣向は措いといて(笑)

家の前で、で、で・・・花火を楽しむとき。

手持ち花火の点火用

こんな道具はいかがでしょうか?

続きを読む

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

禁煙への道。(4)

no smoking4


・・・はい。懲りずにやっております。


以下、タバコをお吸いにならない方にはしょーもないお話。

まあ、聞いてやってください。


禁煙成功者の方々のお話をきいていると

どうやら、ちょっとずつ減煙するよりも一気やめたほうがいいみたい。

・・・そうおもいました。そのとおりでございましょう。


ということで、一気にやめる方法で禁煙に何度も挑戦しております。


・・・!? 何度も?


・・・はい。何度も挑戦して、何度も失敗してますぅ。


「ダメダメじゃん!!」    「・・・ダメダメですぅ。」


がんばっても、半日から二日間・・・そして挫折


ボクはおもいました。

「それほどタバコ固執してしまうのは、依存してしまうのはナゼなんだ!」

img009-1.jpg


失敗ながらも何度禁煙挑戦しているうちに

食後の一服は吸わなくても平気になったし、

長時間我慢もできる。(また吸えるとおもえばですが・・・)


ボクの場合、どうやらタバコ求めているものは・・・

「頭の切り替えスイッチ」です。  簡単にいえば気分転換


こうゆうときに我慢なりません。

主に仕事のときに・・・

○イライラしたり、ストレスを感じるとき。

○次の仕事への移動の車の中。

○考えが煮詰まったとき。

○休憩時間。

○朝起きたとき。
   ・・・etc.

いずれも、を(気持ちを)切り替えたいとき

タバコ必要としてしまいます。


そこで、こうゆう時 タバコに代わるなにかはないものか?

いまのところタバコに勝るものがありません。


皆さん、このようなときどのようにして頭の切り替えをなさっていますか?

よろしければ御教授願います。 m


失敗しながらも禁煙何度でもチャレンジしていきます。

そのうちに スッ・とやめられることを期待して・・・

img009-2.jpg


                                   たぶん・・・つづく。


       前のページ<<ホーム>>次のページ  (記事全般用)

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

ぼちぼちと。

前に紙で作っていたものの続きです。

CAD長さ角度を検討しています。


無題BS


何を作るのか?

・・・わかりますか?


まあ、ゆっくりはじめます。                    ・・・つづく。



       前のページ<<ホーム>>次のページ  (記事全般用)

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

チムニー型アルコールストーブでサイクロン燃焼実験。

今回のアルコールストーブ製作のきっかけは、

ゴルゴさんのブログゴルゴのひとり言・釣り日記

こちらの記事コメント欄でした。

『アルコールストーブ』・・サイクロン燃焼実験 〔3号〕


ネイチャーストーブのような下部からの吸気

回転を加えられたら、うまくサイクロン燃焼してくれないだろうか?


・・・ということで作ってみました。


続きを読む

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

山賊の宝をさがせ!

2010年6月13日(日)晴れ

ボーイスカウト団ハイクに付き添いしました。

IMG_2787_convert_20100614214112.jpg

カブ隊・ビーバー隊合同で2班に分かれて行動します。


ボーイ隊のお兄ちゃん、お姉ちゃん達は別行動で、

地図コンパスを使って本格的に歩いていきました。


・・・さて、出発前隊長から一言

「今から向かうところには、山賊がいて、宝ものを隠し持っているらしい。

 いまから渡す地図暗号を手がかりにみんなでお宝をみつけてもらいたい。」


おお~。気合いがはいります。(子供よりボクが・・・笑)


IMG_2790_convert_20100614215620.jpg

渡された地図暗号をみながら、班ごと相談がはじまりました。

IMG_2792_convert_20100614215700.jpg IMG_2791_convert_20100614215642.jpg

その間にお父さんお母さん達が隊長に呼び出され

これからの段取りの打ち合わせです。


S.R.S「すみませ~ん。私は子供たちと歩きたいので・・・。」

わがままな親です(笑)


IMG_2794_convert_20100614220459.jpg

さて、出発です!

班ごとに少し時間をおいて出発


・・・あらら、最初の班出発早々、思いっきり逆方向に進みだしました(笑)

子ども達の自主性尊重し、ただついて歩くだけの隊長たち苦笑い(笑)


気を取り直して、再出発です。


IMG_2800_convert_20100614221254.jpg

カブお兄ちゃん達、別チームに負けたくないのか

スタスタと歩いていきます。


おーいビーバーの子を置いていかないでくれよ。

もう少し景色を楽しむとか、余裕がほしいものですね~。(隊長談)


IMG_2801_convert_20100614221835.jpg

途中の川原かまど?がありました。

ここで炊事しているのでしょうか(笑)


IMG_2804_convert_20100614221855.jpg

その先では、を食べています。

のどかですね~。


IMG_2808_convert_20100614222627.jpg

まて!まてまて!お前達をここから通すことはならん!」

怖い山賊が突然登場通せんぼしています。

「もし、ここから向かいたいのならばこの命令従うのだ!」


命令書の入った封筒を開けてみると・・・

IMG_2811_convert_20100614222654.jpg

パズルのようにバラバラの紙が入ってました。


IMG_2812_convert_20100614222714.jpg

え~と・・・ロープ結びをやれ?それは本結び


IMG_2813_convert_20100614222733.jpg

班長の子が、パッと本結びをやって見せました。

「さすがカブ隊のお兄ちゃん!」


「よし、合格だ。お前達は通っていいぞ。歩き疲れる甘いものが欲しくなるだろう?

 このチョコレートをみんなで分けて食べてくれ水分補給も忘れるな!」

・・・急に山賊やさしくなりました。


IMG_2815_convert_20100614224600.jpg

もう一方の班への命令

全員で元気よく大きな声合唱をせよ!」でした。


みんな決めた歌は・・・

“か~え~る~の~う~た~が~・・・♪”


・・・どうせなら輪唱してほしかった(笑)


このような山賊の関所が全部で3箇所ありました。

子ども達はことごとく突破


IMG_2843_convert_20100614225055.jpg


最後に、宝のありかを示した地図を手がかりに辿っていくと・・・

IMG_2857_convert_20100614225016.jpg

宝物大きな木の上にぶら下がっておりました。


IMG_2859_convert_20100614225211.jpg

各班代表ツリークライミングで上に登り・・・

やったぜ!お宝ゲットだぜっ!


えっお宝は何だったか?

IMG_2864_convert_20100614225301.jpg

一人ひとりに鉛筆消しゴム。それにピョコンっと跳ねる小さなオモチャ(笑)


・・・でもブーイングクレームはありませんでしたねー。

さすがスカウト子ども達。その過程を十分楽しんだようです。


IMG_2865_convert_20100614225322.jpg

お母さん分団長たちお昼の準備をしてくれていました。感謝


IMG_2867_convert_20100614225414.jpg

豚汁天ぷらフライドポテトなどを

各自が持ってきたビーバーランチカブランチと一緒にいただきます。


片道3~4㎞の行程でしたが、小さいビーバー隊にすればそこそこの距離

おなかも空いたよね。

(ビーバーの今年の目標は10㎞歩くこと。)


IMG_2881_convert_20100614225549.jpg

IMG_2879_convert_20100614225524.jpg

食事のあとは、各隊でゲームをしたり、ツリークライミングをしたり

ある隊長が即席で作ってくれたロープブランコで遊んだり

玩具を作って飛ばしてみたり・・・


とても楽しい時間を過ごしました。

IMG_2896_convert_20100614225658-1.jpg

※いろいろと準備をしてくれた隊長方おつかれさまでした。


       前のページ<<ホーム>>次のページ  (記事全般用)

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

何でしょう?

IMG_2783_convert_20100611143440.jpg


庭先の工作人S.R.S

厚紙を使って、なにやら検討中


・・・さて、何ができるのでしょうか?                ・・・つづく。



       前のページ<<ホーム>>次のページ  (記事全般用)

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

少しばかりのお手伝い。

2010年6月6日(日)真っ青に晴れた空に白い雲が上の空で浮遊している。

そんな天気の中

釜石市のお隣、遠野市田植えお手伝いをしてまいりました。


IMG_2759-1.jpg

この方、仮に“ででっぽさん”としておきましょう。

ででっぽ」とは「」の方言です。


ででっぽさんと知り合ったのは、約5年前

ウチの長女アレルギーっ子でして、無農薬で野菜などを作っている農家の方

探していてお知り合いになりました。


ででっぽさんは、約7年前に神奈川から単身、農業をやるために

ここ遠野に移り住んだ方なのです。


このででっぽさん今年から、川口農法お米を作るということで、

ボクも少しばかりでも力になれたらとおもい、田植えのお手伝いをしてきました。


・・・少し長くなりますが、ででっぽさんが送ってくれる、ある通信から引用します。


      自然に育まれる農へ

 今年からまじめにこの方向で行きたいと思います。

奈良県に川口由一(よしかず)さんという先駆者がおられて、

すばらしい手本を示してくれています。

耕さず、田畑から人の食べる物以外の一切を持ち出さず、又持ち込まない。

多くの種類の草々を盛んに生い繁らせ、虫や小動物たちを敵としない。

多くの草が生えればいろいろな虫や小動物が集まり、命の巡りが盛んになれば

その排泄物や死骸が土を肥やす。

植物の根や土の中の生き物の活動が自然に土をフカフカにする。

このように命盛んな田畑となるのに10年くらいかかると

川口さんは言っておられます。

私は今年50才。今始めなければ、成果を見ることなく終わってしまうかも

しれません。

 田んぼに溝を掘っているのも川口さんの教えによります。

400mくらい掘ったでしょうか。

去年の秋 耕うん機で耕してしまったので、いろいろチグハグになっていますが、

稲の苗作りは川口さんのやり方をできるだけ真似しました。

準備が遅かったこともあって大変でした。

普通の苗作りに比べて、手間は10倍以上かかったのではないでしょうか。

苗代の面積だけ見ても約6倍。

田んぼの土を砕き、フルイでふるって、種モミの上に被せる土を用意しましたが、

その量が約500ℓ。ドラム缶2本半です。

種まきは一週間近くかかりました。昔は皆こんなふうにしていたんでしょうね。

 遠野では保温材のビニールを使わざるを得ないでしょう。

4月下旬に蒔いた種モミは、大型連休の終わりにやっと芽を出してきました。

川口さんも稲の苗作りでは雑草が生えないように気を使いますが、

私の苗代には雑草がびっしり生えてしまいました。

それも稲の芽が出るより先に。

とても手で取れる量でなし、どうなることやら。と思ったら、

青黒い小さな葉虫が集まってきて、それをムシャムシャ食べ始めたのです。

稲の芽はたべないよう。

おお、救いの虫か!どうかたらふく食ってくれ。



このような農法ですから、田んぼも普通の水田異なります。

IMG_2752_convert_20100607195429.jpg

一般の水田の様子。


IMG_2753_convert_20100607195503.jpg

ででっぽさん田んぼ。見るからに違いますね。


いろいろな雑草が生い茂っているので、シャベルなどを差込んで雑草の根を切り

押し広げるようにしてから、植えていきます。


IMG_2765_convert_20100607195604.jpg


ででっぽさんは、2年前大きな事故に遭いました。

長期入院に、大きな手術をするような怪我を負い、今も自由な体とはいえません


背骨固定していた金具を取り外して間もないので、

負担のかかる作業大変です。

こうしてガーデニング用の車輪のついた椅子を使用してを植えていきます。


身内のいない土地で普通より手間のかかる農法単身農業を営んでいますから、

他人の知れない気苦労の多いことと思います。

でも、そんなこと大したことではないかのように飄々自分の道を歩んでおられます。

10年後にどんなになっているか楽しみだなぁ。」なんて笑いながら・・・


IMG_2761_convert_20100607201015.jpg

ボクです。

農業を営みながらの暮らしあこがれたりしますが、

ボクのような中途半端不甲斐無いものに務まる筈もなく、

こうしてお手伝いさせてもらうことで

疑似体験楽しませていただこうという魂胆です(笑)


本当は家族でお手伝いする予定でしたが、

前日から次女高熱を出し、ボクだけが手伝わせていただきました。



午前中、教わりながら作業を終え、

お弁当を開きお昼ごはんをいただき、少しばかりその場お昼寝

さあ、そろそろ再開しますか。

IMG_2760_convert_20100607203842.jpg

二人で作業して、午前中植えたのは二列分

前日ででっぽさんが植えた分とあわせて、まだ1/3も終わらない。

大変作業です。

IMG_2754_convert_20100607203753.jpg

田んぼには、の貯まっているもあればの見えている処もあり

いろいろななどが生息しています。

これはオケラですね。そのほかアメンボカエルヒル

ゲンゴロウみたいな虫(なんて名前だったかなぁ。)

ミミズに、イモリなど。

タニシなんかも棲んでくれるといいんだけどなぁ。」



用水路カエル鳴き声だけの静粛の中

植えることに一心に作業。なかなか得がたい体験でした。


IMG_2770_convert_20100607205242.jpg

陽が傾き午後五時を報せるチャイムが鳴る。

五時になったし、終わりにしようか?

じゃあ、あと一列だけやっちゃいましょうか。


IMG_2768_convert_20100607205316.jpg

・・・この日までで、植えられたのは約半分

あと残り半分ででっぽさん一人だと5日くらい掛かるよなぁ。

気になりながらも、田んぼを後にする。

ででっぽさんはあと少し作業を続けるという。

もうひとつの田んぼもあるし、豆も蒔きたいからここは早く決めてしまいたい。

今日は大分進んだから、おかげさま。助かったよ。

・・・少しはお役に立ててボクも嬉しかった。


自分が植えた苗の成長が気になるし、

今度は雑草刈りもある。たまにお伺いいたします。

この田んぼにはいい実りがありますように。



※追記におまけ記事。

続きを読む

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

CAW STOVE 次なる展開の前に・・・。

CAW STOVE この先どんな展開が待っているのか?

その前にサイクロン燃焼といえば

JSBさん「サイクロンストーブ」


完成した時期がいつなのか、ボクはよく分からないのですが、

JSBさん開発の自作アルコールストーブのひとつの完成形であります。


11.jpg

※写真 Zen Alcohol Stoves より借用しました。(無断です。ごめんなさい。)


これを作って試してみたい。

いままでもおもいつつ、やっていませんでした。

・・・ということで作ってみました


IMG_2729_convert_20100605115028.jpg

コーヒー缶を使って・・・

変身

IMG_2735_convert_20100605115045.jpg

とーおぉ


・・・ちょっと仕上がりですが(汗)・・・


作り方は、

JSBさんブログ ikaros の ”JSBサイクロンストーブの作り方”と

Zen Backpacking Stoves に載っている作り方を参考にさせていただきました。


では、燃焼させてみましょう。

IMG_2737_convert_20100605115102.jpg

IMG_2738_convert_20100605115119.jpg

斜めについている吸気孔がいい具合に作用しています。

肉眼ではよく分からないのですが、サイクロン燃焼しているようです。

(ボクの工作が悪く顕著に回らないのかもしれません。)


IMG_2739_convert_20100605115139.jpg

次にコーン状カーボンフェルトを中に入れて燃焼させてみます。


IMG_2740_convert_20100605115155.jpg

ストーブ内部でのサイクロン燃焼から

気流が整い上昇して・・・

IMG_2744_convert_20100605115211.jpg

吸気燃焼

カーボンフェルトを入れたもののほうが、

この過程が早い気がしますね~。

IMG_2749_convert_20100605115228.jpg


シンプル理にかなった燃焼のストーブ。

ボクの目指すものがここにあります。

JSBさんの製作が知りたい方はこちらを参照下さい。

「とってもユニーク JSBサイト」

※JSBさん。無断でスミマセン。お許しを・・・


       前のページ<<ホーム>>次のページ  (記事全般用)

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

空き缶アルコールストーブの作り方(3)

IMG_2726_convert_20100602202933.jpg

空き缶アルコールストーブの作り方。第三弾は、単室加圧式ストーブです。

作り方・順序・仕上がり等は好みがあると思いますので、

参考程度にお読みいただければとおもいます。

前回の記事も参照してくださいね。


IMG_2683_convert_20100602202121.jpg

使用材料です。

160mlアルミ缶2本

蝶ボルト・ナット

スチールウール   です。


単室加圧式加圧する部屋広くなりがちなので

小さめの缶がオススメです。


では、はじめましょう。

ボクはいつも、穴あけからはじめます。

カットした後穴あけをすると、つい力んだとき缶が潰れ易いからです。


IMG_2684_convert_20100602202200.jpg

型紙を使いジェット孔位置マーキングです。

今回は16穴にしています。穴の数はお好みで・・・


IMG_2687_convert_20100602202241.jpg

ピンバイスで穴あけ、ドリル0.8㎜を使用。ジェット孔の大きさもお好みで・・・


IMG_2659_convert_20100602202036_20100602205216.jpg

完了、マーキングアルコールでふき取れます。

製造番号も消えちゃいます。


IMG_2691_convert_20100602202306.jpg

中央にもピンバイスで穴あけした後

千枚通しで穴を押し広げます。蝶ボルトの径より若干小さめの穴になるくらい。


IMG_2692_convert_20100602202330.jpg

その穴に蝶ボルトまわしながらねじ込んで、

アルミにねじ山切り込んでいきます。


IMG_2695_convert_20100602202350.jpg

完了

今回、ユニクロメッキ蝶ボルトを使用しておりますが、

ステンレスのものがおすすめです。

メッキ物だと、でメッキが剥がれてきますし、劣化します。


では次に、カットします。ボルトを外して逆さにします。

缶の高さの検討は、ボルトの長さ考慮します。

IMG_2652_convert_20100602201841.jpg

ボルトの入り込みが長い分、缶の高さが必要になるので

ナットを使って長さ調整をします。


IMG_2712_convert_20100602202423.jpg

今回は、ボルトの入り込み長さ12㎜で、缶のカットを25㎜にしています。

缶のカットのしかたはこちら参照くださいね。


IMG_2711_convert_20100602202508.jpg

カットしたら切り口ヤスリがけを軽くしましょう。

ジェット孔裏側のバリ取りも忘れずに・・・


IMG_2710_convert_20100602202447.jpg

底部分の缶も同じ寸法でカットします。


IMG_2714_convert_20100602202555.jpg

はい、カットが終わりました。ではシャンプー・・・缶どうしを組み込みます。


IMG_2715_convert_20100602202619.jpg

お好みでスチールウールを中に入れます。

・・・おっと、はめ込む前に、


IMG_2716_convert_20100602202643.jpg

カットして余っている缶などで、

外側にくるほうのを少し広げておくとはめ込みやすくなります。


缶と缶のはめ込みが一番難しい作業

ボクも無理して押し込んで缶が裂けてしまったことが一度や二度ではなく

何度かあるものです。要注意です。

とにかく、慎重にやるのがコツですね。


IMG_2718_convert_20100602202704.jpg

完成しました。

外形53㎜×高さ33㎜(蝶ボルト高除く)


〈参考数値〉

200mlの水を沸かす。本燃焼まで約1分沸騰まで4分20秒

20mlのアルコールで約7分50秒燃焼


IMG_2728_convert_20100602202853.jpg

※湯沸し状況はゴルゴさんの記事→こちら が解り易いです。
 (一本の缶で作っているものも載ってありますよ。)


追記おまけ記事です。

続きを読む

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

s. river side

Author:s. river side
略してS.R.S

カレンダー
<05 | 2010/06 | 07>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
感謝します。励みになってます。

FC2Blog Ranking

こちらもチェック!!
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
S.R.Sオススメ!=リンク=
最新記事
最新コメント
カテゴリ (新しい記事順に変更)
過去記事(ログ)スクロール
コメント・拍手 大歓迎です!
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。