マイルがたまるカード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁煙への道。(5)

no smoking(rsf)5


・・・今度こそ・・・。





       前のページ<<ホーム>>次のページ  (記事全般用)

スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

僕、こんなのやってます。

・・・って誰かにわたすことがあるのかないのか?

IMG_3445.jpg

ブログカードを作りました。

作ろうと思っていて、プリント用紙買ったままずっと放置


10日ほど前長女、それから数日後次女が、おたふく風邪になりまして

週末の予定キャンセルのんびり過ごしておりましたので

この機会に作りました。


ブログと同じ、ドギツイ色(笑)
IMG_3447_20100726010220.jpg

リアル知り合いブログ見られるのは結構照れます

でも見てほしいとおもうのも本音


まあ、知り合いで普段ナカナカ合えない方にあったりしたときに渡すかな?

あと新しく知り合ってこの人ならいいかな?って思ったとき。


------------------------------------------------------------

次女は、おたふく風邪で学校を休んだまま 

終業式にも出れず夏休みに入ってしまいました。


人に伝染してしまう可能性があるのでにも出れず欲求不満気味。

ウチら巻き添えを喰らって欲求不満


IMG_3449.jpg

庭先スペアリブを焼いてみたり、

先日かなり思い切った剪定をした松の枝焚き火をしてみたりで少し解消


・・・実はボクおたふく風邪経験しておらず、感染している可能性アリ

潜伏期間を考えると、あと一週間後くらいが発症時期


一週間後キャンプをしているか?にうなされて寝込んでいるか?

その頃のアップ記事をお楽しみに(笑)


       前のページ<<ホーム>>次のページ  (記事全般用)

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

五葉山登山でフィールド実験。

CIMG0035.jpg

この前の3連休最終日2010.07.19(月)

釜石市大船渡市住田町2市1町にまたがる五葉山に登ってきました。


CIMG0021.jpg

赤坂峠登山口駐車場では鹿がお出迎え。


CIMG0023.jpg

一緒に行ったのは、ボクの登山の師匠 Kさん

Kさん18歳から山登りをはじめて、もうすぐ登山歴50年大ベテラン

現地合流し一緒に登ったSさんはKさんより6歳年上

この二人をみているとを重ねていくのが楽しみになってくる。


五葉山標高1,351m 田中澄江監修の「花の百名山」にも選ばれていて

シャクナゲツツジを楽しめます。もう花は終わっていましたが・・・。


地元ではポピュラーな山で、きいてみるとミンナけっこう登った経験がある。

ボク初めてでした。


CIMG0024.jpg

蒸し暑い日でしたが風があったのでよかった。

前日はかなり暑かったですから。


休憩をいれて2時間弱登頂しました。


CIMG0028.jpg

残念ながら曇っていて、晴れていれば遠く岩手山も見えるとのことですが

この日は見ることができませんでした。


CIMG0033.jpg

頂上付近風が強く、シャツを濡らしたもカラカラに乾いてしまうほど。


CIMG0034_convert_20100722223326.jpg

登った方と反対側釜石側に脚を伸ばす。

コメツガブナ等の原生林があり大船渡側とは違った形相をみせてくれます。


CIMG0041.jpg

戻ってきて九合目 山小屋近くで昼食です。

風の強い、実験には好条件(?)の中、イージュー・ストーブでお湯を沸かしました。

カップラーメン用です。


でポットの奪われる

きちんと計ったわけではないですが、

お湯が沸くのに10分以上かかったとおもいます。

風対策はもう少し練る必要がありますね。(やっぱりアレがいいのかなぁ。)


最近ちょっとした登山ではガスバーナーを持たず、

水筒お湯を持ってくるというKさん

このストーブ興味を示してくれましたね。


CIMG0032.jpg

子どもが付き合ってくれるうちは(笑)家族休日を過ごすことが多いのですが

これから少しずつKさんにいろいろなに連れて行っていただく予定です。


       前のページ<<ホーム>>次のページ  (記事全般用)

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

自作 アルコールストーブ イージュー・ストーブ。

IMG_3431_convert_20100720213501.jpg

いろいろ燃焼実験をしたので汚れています(笑)

前回湯沸し実験を経て、作成した「イージュー・ストーブ」です。


30-6ストーブアルコール気化がうまくなく火力弱かった

そこでアルミ素材変更し、小型化したのが このストーブ


IMG_3432_convert_20100720213402.jpg

左:30-6ストーブ 右:イージュー・ストーブ


上の開口部除く吸気孔30個 傾斜角30°

・・・30なので、イージュー・ストーブ(笑)


そのまま燃焼させると、このアルミ過熱強く

ポット全体覆うほどの炎が上がってしまいました。


検証の結果下部吸気孔少し下までカーボンフェルトをいれ

燃焼のバランスをとっています。


つまりカーボンフェルト役割ストーブ過熱抑えるというものです。

カーボンフェルトをこのように使うのは初めてですね。

前回・今回の実験わかった使い方です。


IMG_3438-1.jpg

IMG_3440-1.jpg

回転燃焼健在です。

いや、前よりいい感じかもしれません。

(あとで動画に収めたいとおもいます。)

IMG_3433_convert_20100720213432.jpg

H90ヒンジゴトクを使って 

アルコール30mlで 20°・400mlの水を沸かす。

完全沸騰まで 5分30秒 有効燃焼時間 11分00秒


IMG_3434_convert_20100720213549.jpg

五徳なしで、サイドバーナーに。

完全沸騰まで 6分20秒 有効燃焼時間 11分15秒


IMG_3430_convert_20100720213306.jpg

ウコンの力缶を切ったものを消火蓋として使用します。


IMG_3441_convert_20100720213636.jpg

SP450マグに、イージューストーブ消火蓋ヒンジゴトク

60mlアルコールボトルライターステンレスシート風防

CF鍋つかみ が入ります。


       前のページ<<ホーム>>次のページ  (記事全般用)

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

30-6ストーブの湯沸しとその他の実験。

IMG_3420_convert_20100718144033.jpg

前回作ったヒンジゴトク(←おまつさん命名)を使って湯沸し実験です。


使用ポットsnow peak450チタンシングルマグ

使用アルコール30ml

水道水(20℃)400ml完全沸騰までの時間と

燃焼(有効燃焼)時間測定しました。


〈結果〉

完全沸騰まで 8分30秒  有効燃焼時間 13分30秒


想像以上沸騰まで時間がかかりました(

五徳高さ足りない気がしてきました。

作り直してみます。


IMG_3421_convert_20100718144049.jpg

ぎりぎり450チタンマグ収まる大きさ。

高さ90㎜ 幅70㎜ の五徳です。


ゴルゴさん、ありました 魚串ダイソーのではないですが

2.0㎜と2.5㎜があって、2.5㎜使用しました。

(この高さだとちょっと華奢な感じですが・・・)


湯沸し実験結果は、あまり変わり映えのしないものでした(汗×汗


くやしいです。

以下いろいろな方法燃焼実験を重ねています。


続きを読む

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

自作 ステンレス丸棒五徳。

現在進行中アルコールストーブに合わせて五徳を作りました。


IMG_3370_convert_20100715230607.jpg

自作されている方も多い、三点支持V字開脚五徳です。

名称判りません(汗) 誰か教えてつかぁさい。

IMG_3386_convert_20100715230729.jpg

ステンレスφ3㎜丸棒を使っています。

ウチの地域で売っているステンレス丸棒φ3㎜以下は見当たらないのです。

2.5~2.0位が良かったのですが・・・

接続にはステンレスパイプ4㎜ロウ付けでくっつけて使用しています。

設置面にはシリコンチューブ2㎜です。

丸棒折り曲げは以前作ったワイヤーベンダー使用しました。


IMG_3375_convert_20100715230639.jpg

重心考慮してアレンジしたつもりですが、根拠はありません(笑)

感覚で作っています。


高さ 70㎜

上底幅 70㎜ 下底幅 95㎜

IMG_3387_convert_20100715230745.jpg

重量 30.5g は残念な結果ではありますが、こんなものです。


だいぶ前に作った・・・

snakeburner10_convert_20090913112919.jpg

これに比べたら、ボクも進化したものです(大笑)


IMG_3378_convert_20100715230659.jpg

もちろんカップ収まります


カテゴリを分けたいので、今回ここまでです。

IMG_3384_convert_20100715230715.jpg


       前のページ<<ホーム>>次のページ  (記事全般用)

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

15°×3系統・30°×6系統 燃焼の違い検証。

IMG_3353_convert_20100713172717.jpg


前回の記事で当初、右斜め30°という記載をしておりましたが

右斜め15°の誤りでしたので訂正いたしました。 お詫びいたします

IMG_3361_convert_20100713163816.jpg

おさらいです。

吸気孔下部から右斜め15°方向に上昇

それが3列並んでついております。

そして斜め上方方向吸気するようにねじりを加えたものです。

仮に“15-3ストーブ”と名づけます。


15°とした理由は斜めに連なった吸気孔にそって炎が回転するとして

出来るだけ炎を捻らせるには鋭角で回り込ませたほうがいいのでは?

という考えからでした。

結果綺麗に回転してくれました。

だた回転スピード満足のいくものではありませんでした。



IMG_3362_convert_20100713163951.jpg

角度鈍角(というか立ち上げて)つくりました。

傾斜角30° 6列 30個吸気孔

ねじりの角度も若干きつくなっています。

(工作も前より丁寧に 笑)

仮に“30-6ストーブ”です。


まずは、“15-3ストーブ”燃焼

IMG_3343_convert_20100713163932.jpg

3本のラインが見えると思います。

回転速度ゆっくりとしています。

炎の収束いい感じです。 上昇イマイチ


“30-6ストーブ”

IMG_3338_convert_20100713163914.jpg

6本ライン回転15-3の約倍の速さ

炎の上昇改善されています。




今回わかったことは、吸気孔でぐるっと長い距離回り込むようにしなくても

燃焼して炎が上昇しだすと炎自体で回転してくれるということ

吸気孔での回転きっかけ作りある程度の回転維持ということになりそうだ。

吸気孔向きを変える捻り角度を変え

前のものより上向きにしたのも良かったようだ。


・・・そうなると次に考えるのが、「じゃあ45°にしたらどうなるの?」ということ。

やっぱり実験して検証すべきですかねぇ?

(開口用の作図はもうしてあるのですが・・・)

IMG_3364_convert_20100713164011.jpg


↓おまけ記事。


続きを読む

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

一歩前進?オリジナルサイクロンアルスト。

「立ち昇り 回る炎が見たいから 今日も実験 サイクロン」 

river side family アウトドア&自作 を御覧いただきありがとうございます

庭先の工作人 s.river side 略して S.R.S でございます。


オリジナルサイクロンアルコールストーブを目指すべく実験しておりますが

ちょっとだけ目指すものに近づけた気がします。(気のせいか?)


IMG_3303_convert_20100708235953.jpg

今回作ったアルコールストーブ

工作の出来の悪さ無視して下さい(笑)

基本に戻り、コーヒー缶で作ったオープンタイプのアルストです。


IMG_3313_convert_20100709000014.jpg

吸気孔右斜め15°上方に傾いて連なるように設置してあるところがミソです。

その連なり3列

ひねりも加えて吸気がストーブ壁面をすべるように入り込むのと

すぼめることにより、収束する効果を狙っています。


IMG_3314_convert_20100708235913.jpg

からのぞいたところ。

左回転炎が回るようにしてあります。


コリオリの力反発しないようにするならば(笑)

北半球では左回転です。(・・・たぶん)


理屈はどうあれ、とにかく燃焼してみないことには・・・


IMG_3326_convert_20100709000110.jpg

はじめユラユラから、燃焼により上昇気流(?)が生み出され

立ち上がります。


IMG_3325_convert_20100709000036.jpg

いままで作ったもののなかで、一番顕著回転確認できます。


これをもとにさらなるサイクロン燃焼発展

実用化目指していきたいとおもいます。


炎の状態があまりうまく撮れていません

動画のほうも観ていただけたら嬉しいです。




       前のページ<<ホーム>>次のページ  (記事全般用)

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

家族で楽しもうオランダ島散策。

・・・前回つづきです。


翌日

IMG_3149_convert_20100706193947.jpg

やっぱりこの日霧模様

天候はよくありませんがオランダ島散策はできるとのこと。


食堂にて朝食をいただき、各自の車で織笠漁港(山田町)へ向かいます


IMG_3155_convert_20100706194033.jpg

2グループに別れ、漁師藤田さんイカ釣り船オランダ島へ向け出航です。


IMG_3156.jpg

いってきまーす。


IMG_3160.jpg

は比較的穏やかで、10分ほどオランダ島到着です。


IMG_3164.jpg

天気イマイチながらも底が見えるほどがとてもきれい


9.jpg
山田湾・オランダ島と小島                         ※ネットより借用

<オランダ島>

山田大島の通称名。周囲約900m、山頂52m、面積26,960㎡の無人島。

夏の1ヵ月間(7月下旬から8月上旬)は観光船が航行し、

東北唯一の無人島の海水浴場としてにぎわう。

オランダ島の名前は、西暦1643年(寛永20年)6月に、

マルコ・ポーロの「東方見聞録」に触発され黄金島を求めてやって来た

オランダ船「ブレスケンス号」が食糧や水を補給するため山田湾に入港し、

山田大島付近に碇を下ろしたことに由来。




IMG_3197.jpg

しばしの時間自由島の散策楽しみます。


IMG_3169.jpg

ウチ子どもたちにくると必ずシーグラス貝殻拾いをはじめます。


IMG_3176.jpg

そのうち次女バシャバシャ遊びだし・・・


IMG_3180.jpg

はい、気づいたら全身ずぶ濡れです。


IMG_3185.jpg

長女引きずり回されてます。(笑)


IMG_3192.jpg

はいはい。お着替えお着替え


そうこうしているうちに出発の時間になりました。


IMG_3194.jpg

去年も来ましたが、また海水浴シーズンに来たいと思います。


IMG_3201.jpg

帰りは、ぐるっと山田湾沿いを海上周遊


IMG_3210.jpg

要所要所船長藤田さん説明をしてくれるのですが、

・・・すみません。エンジンの音でよく分りませんでした(笑)


IMG_3222.jpg

IMG_3223.jpg

IMG_3236.jpg

タブ緑色岩肌石白色

いかにも三陸海岸らしい景色

天気のすぐれないのが悔やまれます。


IMG_3240.jpg

そのうちにはひとつの養殖棚に近づきました。


IMG_3247.jpg

そこは藤田さん養殖棚で、ホタテカキをみせていただきました。


IMG_3251.jpg

そして、養殖棚自生するほやをその場で捌いてくれてごちそうになりました。

とれたてのほやはとても甘いのです。

う~ん。清酒が欲しくなる・・・。


・・・海上周遊もおわり、漁港の一角では青少年の家指導員さんが

ドラム缶火を熾し最後のイベントの準備中

2グループも戻ってきて、浜焼きがはじまりました。


IMG_3263.jpg

網の上で牡蠣が焼かれます。

・・・ここからはカメラ奥さんにあずけ、S.R.Sお手伝い


IMG_3265.jpg

IMG_3266.jpg

IMG_3269.jpg

身がプリップリでうまかった。


IMG_3270.jpg

自販機をバックに牡蠣殻剥きを手伝うS.R.Sの図。


IMG_3273.jpg

・・・終わってしまうのが少しさびしい思いをひきずりながら

ここで別れのつどいです。


感想を述べ合いながら、また会うことを約束します。


また来年皆さんにお会いして料理遊び楽しめたらいいですね。


IMG_3277.jpg

主催の陸中海岸青少年の家指導員のみなさん。

本当にお世話になりました

楽しいひとときをいただき、ありがとうございました



       前のページ<<ホーム>>次のページ  (記事全般用)

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

家族で楽しもうアウトドア料理。

IMG_3151_convert_20100704215337.jpg

2010.07.03(土) 今にも雨の落ちてきそうな天気。

陸中海岸 青少年の家の「家族ふれあい塾1」

「家族で楽しもう アウトドア料理とオランダ島散策」に参加しました。

IMG_3054_convert_20100704220034.jpg

あいにくの霧模様。まあ雨が降らないだけ良しといたしましょう。


IMG_3056.jpg

今夜はこの研修用宿泊室に家族ごとに泊まります。

ボクがここに泊まるのは高校1年のとき以来だなぁ。

だから・・・10年ぶりかぁ。(←ウソ


IMG_3057.jpg

開式があり、家族間の交流を深めるためアイスブレーキング

今回参加は8家族25名

IMG_3061_convert_20100704222148.jpg

river side family は、去年も参加しています。

ただ、前回ボク(S.R.S)が別の用事があり、ボク抜きの3人での参加でした。

他のご家族リピーターさんが多かったです。

皆さんこの催しを楽しみになさっているようです。


野外炊事場に集合して、説明があり

食材の買出し自由時間


IMG_3062_convert_20100704223106.jpg

去年、ウチの奥さん

火熾しやら調理をほぼ一人でこなし、大変だったようで

今回食材はあらかじめ用意。さっそく調理にはいります。


ウチの料理のテーマは「テイクイットイージー

・・・よほど去年大変だったようで・・・。


ダッチオーブン青少年の家のものを使用。


まずはダッチオーブンでお湯を沸かし・・・


IMG_3064_convert_20100704223131.jpg

沸騰したら竹でできたササラを使って内側を洗います。


IMG_3063_convert_20100704223153.jpg

それから燻製器燻製の準備。

この前試したのと同じくチーズソーセージ冷燻しました。


IMG_3070.jpg

子ども達食材を切ったり、を運んだり、積極的に働きます


IMG_3089.jpg

他のご家族も着々と進んでおり、気合が入ります。

IMG_3068.jpg IMG_3072.jpg
IMG_3088.jpg IMG_3085.jpg 
IMG_3090.jpg IMG_3098.jpg
IMG_3091.jpg IMG_3127.jpg

あまり見て回る余裕はありませんでしたが

それぞれ出来上がりが楽しみな料理


IMG_3086_convert_20100705181942.jpg

ダッチオーブン余熱にかけながら、

奥さんほうれん草ソテー


IMG_3093_convert_20100705182025.jpg

次女クラムチャウダーの具材を炒めます。


ボクはず~っと火の番人でございます。


IMG_3103_convert_20100705182105.jpg

あらかじめ仕込んできたタンドリーチキン

敷き詰めて・・・


IMG_3104_convert_20100705182139.jpg

上火も使ってにかけて・・・

後はパスタを茹で上げます。ラストスパートです。


皆さんのところもどんどん出来上がってまいりました。

IMG_3126_convert_20100705185350.jpg IMG_3125_convert_20100705185320.jpg
IMG_3128_convert_20100705185419.jpg IMG_3145_convert_20100705190609.jpg 
IMG_3124_convert_20100705185252.jpg IMG_3133_convert_20100705185515.jpg

ごく一部ですが、おいしそうでしょ?


・・・我が家も出来上がりました。

メニューは・・・

IMG_3118_convert_20100705190240.jpg

タンドリーチキン。ちきんと・・・いえ、きちんと焼けました。


IMG_3117_convert_20100705190305.jpg

ベーコンバジルソースパスタ


IMG_3119_convert_20100705190409.jpg

ソーセージチーズ燻製

右側のこれ、チーズなんです。(笑)

なぜか器内温度高かったらしく少し溶けかけたカンジで

網目がつきました。  メロンパンじゃないっすからね。


IMG_3121_convert_20100705190517.jpg

クラムチャウダー


IMG_3129_convert_20100705190543.jpg

デザートは、カルピスソーダを使ったフルーツポンチ

これは子どもたちだけで作ってくれました。


無事料理完成し、懇親会へと進みます。


IMG_3112.jpg

“かんぱ~い!!”

大人アルコール子どもジュースで。

アイスブレーキングから、お近づきになった皆さんとも

料理・懇親会をとおして、かなり仲良くなりました。


来年はどんな料理をつくろうかなど、もう来年の参加意欲満々です。

IMG_3136.jpg

IMG_3135.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎるもの、

けっこうも降り出して、懇親会終了です。

アウトドア苦労する後片付けも、皆さん協力し合い

楽しみながらこなします。


翌日オランダ島散策の予定ですが、が降れば中止になります。

小雨の空祈りながら・・・おやすみなさいです。           ・・・つづく。


       前のページ<<ホーム>>次のページ  (記事全般用)

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

s. river side

Author:s. river side
略してS.R.S

カレンダー
<06 | 2010/07 | 08>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
感謝します。励みになってます。

FC2Blog Ranking

こちらもチェック!!
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
S.R.Sオススメ!=リンク=
最新記事
最新コメント
カテゴリ (新しい記事順に変更)
過去記事(ログ)スクロール
コメント・拍手 大歓迎です!
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。