マイルがたまるカード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イージュー・ストーブのCF。

IMG_5043.jpg

自作アルコールストーブ 「イージュー・ストーブ」


ストーブ内カーボンフェルト設置することで

燃焼立ち上げ(気化)促進アルコール沸騰調整等を行っています。


〔関連記事〕

 ・自作 アルコールストーブ イージュー・ストーブ。

 ・イージュー・ストーブCF検証-ひとつの答え。


現在採用しているカーボンフェルト(以下CF)の形状

「パオCF」。 (詳しくは上の関連記事をみてね。)

IMG_5351.jpg

イージュー・ストーブとの相性がよく気に入っている形です。

ただ、気になっているのが、

この形、3つのパーツで成り立っているのがスッキリしない

シンプルを求めるS.R.Sとしては

一パーツのCF成り立たせたいと思っていました。


そこでこのようなCFにしてみました。

IMG_5352.jpg

コーン状にしたCFのお尻を押し上げて上部を円錐状にしております。


IMG_5353.jpg

このような状態

「トルネードCF」と呼んでおきましょう。


IMG_5348.jpg

これでパオCFの形状を、一パーツで形作るというアイディア。

答え意外と単純です。


IMG_5360.jpg

イージュー・ストーブに収めた状態。


・・・では、燃焼実験です。




「トルネードCF」のほうが若干赤火になっています。

気化促進が大きく、吸気不足になっているようです。

炎の整流性「パオCF」のほうが優位か?

調整がうまくできれば「トルネードCF」利点多い気もします。


まあ、ボチボチと・・・。


JSBさんアドバイスから生まれた「パオCF」でしたが、

今回もJSBさんのほうが先をいっていました。(汗)

JSBさんブログ「ikaros」の記事「チョココロネ 大好き!」ご参照ください。


S.R.Sは、まだまだ“釈迦の手の中”なのでありました。


       前のページ<<ホーム>>次のページ  (記事全般用)

スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

自作 軽量ガスバーナー(ストーブ) No.3。

久々自作もの記事

しかもガスバーナーは、だいぶご無沙汰しておりました。


三作目になるバーナー本体の完成から8ヶ月保留していました。

IMG_1203_convert_20100224194226.jpg


・・・なぜ、そんなに放っておいたのか?

あるアイディアがあって、それで作る予定で進めていたのですが、

いざ工作の段階になると、どうも気が進まない


その理由なぜなのか、自分でも分からないんだけど

気が進まない・・・そのうちハイネケンポットとかやり出して

アルコールストーブのほうにいっちゃってましたねー。


師匠の真似事の域抜けていないからな~。(汗)



IMG_5308.jpg

・・・で、今回は 開き直って シンプル五徳を取り付けただけです(笑)


ゴルゴさんから教わった、ダイソーの魚串を使用。

ストーブ本体3㎜ボルトロウ付け

魚串の穴ちょうど良くスプリングワッシャナット固定


IMG_5326.jpg

重量 22.5g は、「SPUTNIK burner」半分以下だが、

師匠「MINI BAGJET」には及ばない。(五徳と一体で12g)


IMG_5331.jpg

スプートニク(右)と並べてみる。


シンプルなところは気に入っています。(これ以上シンプルにはしがたい)

加熱ラインは、あえてつけませんでした。これがフィールドで、どう影響するか


IMG_5328.jpg
 
折りたたみ状態


IMG_5329.jpg

使用時の状態


・・・なにはともあれ、動画をご覧ください




いろいろな方ご意見伺いたいですね。辛口でお願いします。


IMG_5334.jpg


       前のページ<<ホーム>>次のページ  (記事全般用)

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

お知らせ 芋煮会と箸づくり。

この借りて宣伝です。

地元の方がどのくらい、

このブログ見ていただいているのか分かりませんが・・・

(多分、少ないとはおもいますが)

11-7チラシ

11/7(日)釜石市水海公園で、〔親子でアウトドア・ものづくり〕と題して

マイ箸づくり芋煮会を行います。参加親子を募集します。


・・・以前から、ボーイスカウトの団長

ものづくりアウトドアを兼ね合わせて、親父と子ども

 楽しめる活動をしたいねぇ。」と話しておりました。


それで、夜な夜な団長自宅で 

2人ゴム鉄砲づくりをしたり、計画したりしていたのですが

なかなか実行にいたらずじまいでいたのです。


「まずは実際に何かをやらなければはじまらない」ということで

この度、この企画で急遽実行することになりました。


これをきっかけに、今後もゴム鉄砲づくり空き缶アルコールストーブづくり

木登りアウトドア料理などなど

大人子ども楽しみながら学べる企画を実施して行きたいとおもいます。


ぜひ、奮ってご参加くださいませませ。



       前のページ<<ホーム>>次のページ  (記事全般用)

テーマ : お知らせ
ジャンル : 趣味・実用

2010 釜石まつり。

CABWRYL7.jpg

2010.10.17(日)

今年も担ぎました尾崎神社御神輿

4回目になります。


去年の記事→http://pclv9161.blog84.fc2.com/blog-entry-35.html


IMG_5269.jpg

六角形御神輿全国的にも珍しいらしい。


担ぎ手クライマックスといえるのが、

市内渡御終え神社へと戻る最後の上り坂と石段

みんなで一丸となって無事に(御神霊をのせている)神輿を担ぎきるところ。


この達成感鳥肌モノです。


担げるかぎり、あと何年でも担ぎたいとおもいます!

IMG_5279.jpg


二・三日つづく、肩の腫れ足腰の痛み治まりました(笑)




       前のページ<<ホーム>>次のページ  (記事全般用)

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

2010・10/10・11 田沢湖キャンプ場~田沢湖をグルッと。

前回つづきです。

IMG_5126.jpg

田沢湖キャンプ場バンガロー一泊。 翌朝(2010.10.11)

 夜中に降り続いた雨もやみ朝日が差し込む 湖畔


昨日は暗くなってから訪れたので良く見ていなかったキャンプ場を見渡す

IMG_5129.jpg

管理棟

キャンプ道具レンタルも充実。 手ぶらキャンプも可能だそうです。

カヌー自転車などのレンタルもあります。


IMG_5132.jpg

IMG_5142.jpg

フリーサイトの奥に、さりげなくあったツリーハウス


IMG_5138.jpg

公衆電話BOXを再利用した「石窯トーマス」 味があります。


IMG_5128.jpg

ティピーにも泊まってみたいですね。


IMG_5131.jpg

朝食は、パンと昨日のすいとん汁の残りで済ませ

すぐに撤収

田沢湖をグルッと一周まわりました。

続きを読む

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

2010・10/10・11 田沢湖キャンプ場。

前回の記事からの抜粋です。


今回の3連休は、前回のファミキャンできなかった

物見山ハイク星空観察実行するため、

前回と同じ、星座の森キャンプを計画していましたが、

天候思わしくないので諦めた次第でございます。


~中略~


明日(2010.10.10)岩手県内 雨の予報

のんびり自作でもしようかな?

ずっと保留にしているガスストーブもあることだしね。


・・・この記事アップしたときは、もちろんそのつもりでした。


ウチC.R.S (あ、奥さんです。)も納得したはずだったのに、

この日(2010.10.09)の夜ネットで検索がはじまりました。


そして電話でなにやら予約をしています。


IMG_5208.jpg


・・・ということで、2010.10.10(日)~11(月)

river side family の住む岩手県のおとなり

秋田県仙北市田沢湖ちょいファミキャンしました。

続きを読む

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

連休 天気が良くないじゃん。

今回の3連休は、前回のファミキャンできなかった

物見山ハイク星空観察実行するため、

前回と同じ、星座の森キャンプを計画していましたが、

天候思わしくないので諦めた次第でございます。


・・・ということで、今日(2010.10.09)一人五葉山に登ってきました。


IMG_4985.jpg

赤坂峠登山口駐車場からパチリ。

はい、ご覧のとおりの曇り空


IMG_5000.jpg

が降りています。

まあ、マイナスイオンっぽくてたまにはいいですかね。


IMG_5013.jpg IMG_5031.jpg

IMG_5035.jpg

IMG_5038.jpg


山小屋近くのベンチでお湯を沸かして休憩

IMG_5043.jpg

イージュー・ストーブWウィンドスクリーンの組み合わせ。

コーヒー用のお湯2杯(約200ml×2)、カップラーメンのお湯(約310ml)。

アルコール60mlで沸かす。

寒くて、風の強いなか なんなくクリアで、ほっとする。


・・・ただですねぇ。

ポットの蓋SP450ダブルマグ用の蓋を使ったのですが、

ポットから はみでた炎で、一部溶けちゃいました(汗)

IMG_5048.jpg

SP450チタンマグの蓋は、チタンで作ったいいもの

T's-Stoveさんや、Hiker's Depotさんから発売されています

まぁ、ボクの場合は自作だなぁ。アルミかなにかで・・・


IMG_5052.jpg

Wウィンドスクリーンカップラ冷めないように囲うのにもいいみたい(笑)


明日(2010.10.10)岩手県内 雨の予報

のんびり自作でもしようかな?

ずっと保留にしているガスストーブもあることだしね。



       前のページ<<ホーム>>次のページ  (記事全般用)

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

早池峰山 小田越コース。

CIMG0184.jpg

2010.10.02(土)快晴

師匠Kさんと二人で、早池峰山に登りました。


よろしければ、しばしお付き合いください。


早池峰山(はやちねさん)は岩手県にある標高は1917mの山

北上山地の最高峰で日本百名山のひとつ。

山頂宮古市、花巻市、遠野市3つの市の境界となっている。 

(Wikipediaより)


CIMG0106.jpg

登山口に向う道路の途中パチリ。  左側が薬師岳。右側が早池峰山



登ったコースは小田越コース

我が家(釜石)から登山口付近まで車で約2時間です。


hayatine-odagoe_convert_20101005203511.jpg

上の画像はコチラから拝借→http://tohoku-tozan.info/hayachine.htm

続きを読む

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

自作 チャコスタ =チャコっと君Ⅱ= 使ったよ。

・・・さてさて、ちょこっとしか容量のないチャコスタ 「チャコっと君Ⅱ」


IMG_4789.jpg

詳細を説明すると・・・。(画像は全てクリックで拡大)


IMG_4790.jpg

を入れて熾す円筒部分は、SUS304排気筒φ100 もちろん廃材です。

煙突長さ60cmくらい、はあまりはいりません。


IMG_4800.jpg

この取っ手がつけてあり、内部に収める、炭を受ける穴あき

その押さえるためのペグっぽいもの。で構成。


IMG_4791.jpg

受け皿入っている様子。


取っ手部分の説明。

IMG_4795.jpg

小型のL型金具ボルト・ナット固定したものに

ステン棒φ3㎜取っ手を加工。取っ手のボコボコ水用フレキ管(廃材)

このボコボコはなくても良かったが、なんとなくつけちゃった(笑)

IMG_4796.jpg

収納時。



IMG_4797.jpg

この、点火部分と、炭が入る部分の受け皿をとめるペグ(っぽいもの)

ペグ(っぽいもの)も ステン棒3㎜作成


・・・それでここが、この「チャコっと君Ⅱ」一番の特徴なのですが


一般的なチャコールスターターは、上から炭をつめて下から着火させ、

炭が熾きたら、炭を入れた上部から炭を取り出すものですよね。


IMG_4798.jpg

この子の場合、炭が熾きた後 下のペグを引き抜くと・・・


IMG_4799.jpg

受け皿とともに炭が下から取り出せる仕組みです。

単純ながら、ひっくり返す手間要らず(笑)


IMG_4874.jpg

では、では

炭を熾してみましょうね。やっぱりちょこっとしか入らない

火持ちがいいので最近気に入って使っているホームセンター

安い丸型成型炭縦に数個並べることができなくて、

横にこのように入れて、8個入った


IMG_4871.jpg

使った着火源は、自作アルコールストーブ アロマックス・ストーブ

中にいれて、下の炭に着火して火が燃え移るのを待つ。


IMG_4872.jpg


・・・この安い成型炭火持ちがいいのは良いのですが

炭に火がつき難いのです。・・・アルストの力では無理でした(汗)


IMG_4875.jpg

ちょっと反則技

一番下の炭だけトーチバーナーで炙って火を付けました。(汗)

あとはまた上に炭を入れていきます。


・・・それから約20分


IMG_4824_20101001224906.jpg

陽が落ちてから、暗くなるのが早かった

あれから何もしなくても、このとおり上の炭まで火が回っております。


IMG_4826.jpg

では、グリルのなかにDUMPします。


IMG_4827.jpg

どさぁーっ。成功です。

中のも、良い感じで火が熾きています


IMG_4828.jpg

受け皿の回収

でも、後で思ったのですが、この受け皿がなくても

ペグだけでも炭は支えられますね。



IMG_4829.jpg


チャコールスターターは、炭熾しに必ず必要な道具ではないけれど、

あれば、なにもしなくても(最初の着火だけで)

煙突効果で、確実に炭が熾せます。 

自分で作ってみるのも、まぁいいものですよ。

(あまりお勧めしませんが 笑 買ったほうが早い)


追記は、あまり気にしないで下さい。

続きを読む

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

s. river side

Author:s. river side
略してS.R.S

カレンダー
<09 | 2010/10 | 11>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
感謝します。励みになってます。

FC2Blog Ranking

こちらもチェック!!
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
S.R.Sオススメ!=リンク=
最新記事
最新コメント
カテゴリ (新しい記事順に変更)
過去記事(ログ)スクロール
コメント・拍手 大歓迎です!
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。