マイルがたまるカード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEXT SOUND =新しい時代へ=。



river side family新しい家族ができました。


IMG_8107_convert_20111229233923_20111229234155.jpg

もうすぐ生後3ヶ月になる、柴犬のオス

名前を 次音(ジヲン)といいます。


小さいときから動物が好きな長女は、ずっと犬を飼いたがっていました。

しかし、今まで育てた経験のないボクたちが

日中家に誰もいない普段の生活の中で、

飼うことにたいして大きな不安があったし、

きちんとしつけができないと、その子を不幸にしてしまうでしょう。

そしていずれ来る別れのときをおもうと・・・

そのような思いがあり、今まで飼うことには反対してきていたのです。


しかし、長女の気持ちはずっと変わりませんでした。

動物に触れることが苦手だった次女も最近は平気になり

ペットショップでこの子を抱っこさせてもらっている二人を見ている

「ダメだ。」とは言えませんでした。


ジヲンとの出会いも「縁」のようなものを感じました。


「お前達が、きちんと面倒をみるならいいよ。

               お父さんは一切世話を手伝わないからな。」



「仕方がないな・・・。」というそぶりをみせながら約束してみたボクでしたが、

実は、女性ばかりの家族のなかに男仲間ができることに

とても嬉しくおもったし、本当はワンちゃんを飼いたい気持ちがあったのです。

(言葉とはウラハラに、ジヲンを迎えてから

 世話としつけに主導権を握っているのはボクです(笑))


いつもボクと一緒に反対していた飼う気満々であったのが、

今回迎え入れることになった一番の理由でした。


後で知ったのですが、長女ワンちゃんを飼うことについて

いろいろと検討していたようです。


震災で大きな別れを経験し、それを乗り越えて生活してきたにとって

新しく家族を迎え入れることには、いろいろな想いがあることでしょう。


それは、ボクや長女、次女もおんなじです。


今年は激動の年となりましたが、

良くも悪くも、世界が変化しようとしていることを

ヒシヒシと感じて暮らした一年でした。

(・・・というかボク自身の変化なのでしょうか。)


この流れは来年以降さらに大きくなっていくのかもしれません。

全てひっくるめ、それを受け入れて

自分なりに、「今・いま」を生きていこうとおもいます。


来年が皆様にとって幸多き年となりますよう、祈りつつ・・・

では、良い年越しをお迎え下さい。

スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

Handmade Rocket Stove 「廃材くん」。

・・・

久々の自作ものです。


災害などの時、使えるウッドストーブを作りたいなあ。」

そう考えながらネットを検索していて、

ロケットストーブというものを知りました。


それで二ヶ月ほど前に、いつものごとくヤッツケ仕事で作ったのがこれ。

IMG_8106_convert_20111224161257.jpg


組み立て式の「簡易型ロケットストーブ」です。

オール廃材使用で、燃料も廃(木)材

名づけて「廃材くん」でございます。はい、そのままです(笑)


ロケットストーブの構造については、こちらのブログが詳しいです。

BLUETAIL HAPPINESS 「5分で分かるロケットストーブの原理 <改訂版>」
※勝手にリンク。スミマセン・・・

今回ボクが作ったのは、シンプルなタイプで

ヒートライザー排気用煙突のないアウトドアタイプですね。

この簡易タイプ自作している方は多いようでして

YouTube でいろいろみる事ができます。面白いです。


ロケットストーブの特徴としては、

・構造がシンプル。

・木材への着火が容易。

・燃焼効率が良い。

・燃え滓(灰)が少ない。

     ・・・などが挙げられるとおもいますが、


すぐに燃え上がり、ゴーっと音を立て、燃料の追加も容易でぐんぐん燃える。

その感じは焚き火とは違った実用的使いよさがあり、ボクは好きですね。

調理用ストーブとして使います。立った状態で使えるしね。





・・・今回やっと、とっておいた壊れたキャンプ用イスのフレーム(笑)

   使うことができました。

  参照記事:「我が家のチェア。」←懐かしいなあ・・・

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

早川由紀夫教授の放射能汚染地図(五訂版)12月9日

昨日、散髪中に耳に入ってきたテレビの報道で

早川由紀夫教授(群馬大学)ツイッターでの

発言が問題として、群馬大学の学長から訓告

受けたことを知った。

参照:
http://news.tbs.co.jp/20111208/newseye/tbs_newseye4897686.html


早川教授は、福島第一原発事故後に放射性物質で

汚染された土壌の危険性を伝える趣旨で、

周辺の農家について

「セシウムまみれの干し草を牛に与えて毒牛をつくる行為も、

セシウムまみれの水田で稲を育てて毒米をつくる行為も、

サリンをつくったオウム信者がしたことと同じだ」
などと投稿していた。


周辺農家の方々の心情を考えると、残酷な言い回しとも言えるが

行為そのものを取り上げてみると、そうゆうことになるんだと思う。

同情的心情のため、発信しないよりも

こうゆうキツイ警告も時には必要だと思う。

放射線汚染の状況・影響は、

多くのひとが思っているよりも深刻だ。


早川教授は早い時期から「放射能汚染地図」を発表してくれており

国がくわしい情報を開示しないため、この地図を参考にされたかたも

多いことと思う。


その「放射能汚染地図」の最新改訂版がでました。


「早川由紀夫の火山のブログ」より

http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-450.html

「フクシマとチェルノブイリの比較(改訂版)」
CHER22.jpg


「放射能汚染地図(五訂版)12月9日」
09decJG.jpg


(四訂版)まではハッキリとわからなかった

ボクたちの住む岩手県釜石市

「0.125μSv/h以上」の色分けがつきました。


予想はできていたことですが、

こうやって実際に色分けされた地図を見ると

やはりショックですね。


ボクのまわりの人々は、

放射線被ばくに対して無頓着なひとが大半を占めています。

今は震災の復旧、復興でそれどころではないというか

気にしてもどうしようもない。という感じです。


自分自身の生き方行動に責任をもつ大人なら

それでもいいのかもしれませんが、

大人が守っていかなければならない

子供達をかかえて、どうして無関心でいられましょうか?


正しい情報を発信してくれる研究者は、とても貴重な存在です。

早川教授の活動が制限されたり、止まってしまうことのないよう

願っております。


※こちらもご参照ください。
IWJ
111209 【完全版再配信】群馬大学早川由紀夫教授の訓告処分を受けての記者会見


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

s. river side

Author:s. river side
略してS.R.S

カレンダー
<11 | 2011/12 | 01>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
感謝します。励みになってます。

FC2Blog Ranking

こちらもチェック!!
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
S.R.Sオススメ!=リンク=
最新記事
最新コメント
カテゴリ (新しい記事順に変更)
過去記事(ログ)スクロール
コメント・拍手 大歓迎です!
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。