マイルがたまるカード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作 アルコールストーブ イージュー・ストーブ。

IMG_3431_convert_20100720213501.jpg

いろいろ燃焼実験をしたので汚れています(笑)

前回湯沸し実験を経て、作成した「イージュー・ストーブ」です。


30-6ストーブアルコール気化がうまくなく火力弱かった

そこでアルミ素材変更し、小型化したのが このストーブ


IMG_3432_convert_20100720213402.jpg

左:30-6ストーブ 右:イージュー・ストーブ


上の開口部除く吸気孔30個 傾斜角30°

・・・30なので、イージュー・ストーブ(笑)


そのまま燃焼させると、このアルミ過熱強く

ポット全体覆うほどの炎が上がってしまいました。


検証の結果下部吸気孔少し下までカーボンフェルトをいれ

燃焼のバランスをとっています。


つまりカーボンフェルト役割ストーブ過熱抑えるというものです。

カーボンフェルトをこのように使うのは初めてですね。

前回・今回の実験わかった使い方です。


IMG_3438-1.jpg

IMG_3440-1.jpg

回転燃焼健在です。

いや、前よりいい感じかもしれません。

(あとで動画に収めたいとおもいます。)

IMG_3433_convert_20100720213432.jpg

H90ヒンジゴトクを使って 

アルコール30mlで 20°・400mlの水を沸かす。

完全沸騰まで 5分30秒 有効燃焼時間 11分00秒


IMG_3434_convert_20100720213549.jpg

五徳なしで、サイドバーナーに。

完全沸騰まで 6分20秒 有効燃焼時間 11分15秒


IMG_3430_convert_20100720213306.jpg

ウコンの力缶を切ったものを消火蓋として使用します。


IMG_3441_convert_20100720213636.jpg

SP450マグに、イージューストーブ消火蓋ヒンジゴトク

60mlアルコールボトルライターステンレスシート風防

CF鍋つかみ が入ります。


       前のページ<<ホーム>>次のページ  (記事全般用)

スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

CF 第三の特徴!

>カーボンフェルトの役割はストーブ過熱を抑えるというものです

ピンポーン♪
  まさに これが、カーボンフェルト第三の特徴です
アルコール液面をCFでカバーすると、無駄な気化を抑制できる
整流効果も促してくれますので、炎の暴れも防げる
グラスファイバーの数倍の気化性能と相反するようですが
ある上限度で、キープ出来るという優れた機能です
  適度なデザインと大きさのCFに限った話ですけど。


アメリカの工房などは気づいていませんし、極東の某国でも
ここまで 実験と達成出来た人は、ごく ほんのわずか

此処までくると、次のテーマも、自然と浮かんでくると思います

この成果を、おおいに賞賛しています。
今後も注目しています

+cyclone 最新tips

JSBの実験からは、、、、炎を廻すためには

CFで小さな円錐形にまげて、ホチキスで留める程度でも充分
これを、底中心にセットすると
       1分間を2秒以内に短縮→俊足・立ち上がり
 と同時に
円筒形燃焼室内の温度分布を
素早くそして積極的に、富士山型に整えます→整流上昇炎

燃焼室の温度と気化量、回転、流入角度、吸気穴数と面積の
バランスポイントで、サイクロンの定常燃焼を観察出来ます

素材が軽く薄くなるほど、熱容量が減少します
燃焼温度が過激になり、単純な上昇に至ってしまいがち(痛)
如何に CF量を減らして、ゆっくり燃焼を持続させるか
 CF+サイクロン+チムニー の今日最大のテーマです
給湯だけなら、CF+サイクロンは無用? とも言えそうです
だが
それを追求するのが、CF普及友の会の ゲージツ活動(笑)
 もがき苦しんだ軌跡は、やがて 進歩や発展の道筋になります

No title

こんにちは。
  
イージューストーブ、また進化してますね。
回転も綺麗だし・・・、450マグに全て収まる事まで
考えて作っているし、凄いな~。
いつも同じ様な感想しか書けないですみません。
  
JSBさんのコメントも凄いんでしょうけど
私には殆ど?????です。
  
皆さん凄いですね、これからも参考にさせていただきます。

>>JSBさん×2

ありがとうございます。

カーボンフェルト、本当に興味深い素材です。
いろいろな顔を見せてくれて使っていくほどに
新しい発見の連続です。

JSBさんの実験と追及には頭が上がりません。
先の先を見越していらっしゃいます。

アドバイスありがとうございます。
このコメントをじっくりかみ締めて
自分なりに考察してみます。

円錐形のCFは必ず試してみたいとおもいます。

サイクロン収束燃焼は燃料の節約に多いに役立つものと考えます。

これからも追求していきますので
JSBさんに見守っていただければ嬉しいです。
本当にありがとうございます。 mv-14

>>ゴルゴさん

皆さんでいろいろな考察をして
いい作品を作り出していく。
・・・とても楽しい作業ですね。

急進のゴルゴさん。
そろそろCFを使ってみるのはいかがでしょうか?
いろいろな可能性をもったとても面白い素材です。

販売元→MLV_Factory http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.htm
ボクの師匠のところです。

先駆者の皆さんに敬意を表して・・・mv-14

外分比

大地震お見舞い申し上げます
 復旧には長い期間が掛ると思いますが
それぞれの出来ることを通して、頑張って行きたいです 
、、、、、、、、、、、、
 アルミ缶ですので高温になり易い
外側にカーボンフェルトを巻き付けて水で濡らしてみたら
鉄缶のような、低めの缶温度で安定燃焼すると予想します

 その気になれば、手で持ったまま燃やせる かも :-)



>>JSBさん

お心遣いありがとうございます。

外側カーボンとてもいいアイディアですね。
回転燃焼と相性がよさそうです。

チラノファイバーを使った自作の追及、しばらくできそうにありません。
せっかくいただいておきながらとても残念ではあります。
でも自作ストーブ探求をやめるわけではありません。
少し活動休止というところです。

絶対、また再開いたします。mv-14
プロフィール

s. river side

Author:s. river side
略してS.R.S

カレンダー
<06 | 2017/07 | 08>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
感謝します。励みになってます。

FC2Blog Ranking

こちらもチェック!!
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
S.R.Sオススメ!=リンク=
最新記事
最新コメント
カテゴリ (新しい記事順に変更)
過去記事(ログ)スクロール
コメント・拍手 大歓迎です!
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。