マイルがたまるカード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8ヶ月という時間と変容。そして・・・

前回の記事で、懸念していた11月9~10日、そして今日11日

何事もなく?過ごせそうですが、一日延期になった野田総理の会見があり

TPP(環太平洋パートナーシップ協定)について、

交渉参加に向けて関係国と協議に入る」という表現で交渉参加の意向

表明しました。

結局はそうなのですね・・・残念です


これほど民意を反映させない政府を野放しにしていていいものだろうか?

そう思うのは、ボクだけでしょうか?


以下、勝手に拝借。

ブログ 「釜石の日々」 より・・・2011年11月11日最新記事。

とても鋭い目で現在の社会を見ています。

勉強不足で、稚拙なボクの文章を載せるより

ずっとボクの思いを伝えられるので、勝手ながら拝借させていただきます。



 TPPはすべての「保護」を打ち砕く


 今朝の釜石は3度まで気温が下がった。吐く息が白い。

通勤の人たちの服装が真冬の服装になっている。天気は

晴れて青空が広がる。職場の隣接地の醤油工場はもう

すっかり更地になってしまった。これからそこに新しい

工場を建てるのだろう。

 昨日衆院本会議で第3次補正予算案が可決され、復興

対策費12兆円がようやく確保された。今日で震災から

8ヶ月になる。釜石の被災地域は瓦礫が片付けられ、

一部の建物が取り壊されただけでほとんど何も手が打たれ

ていない。何故これほど遅いのか。この現状を見ているだけ

でも国の政策の決定に疑問が湧いて来る。ほんとうに被災地

のことを考えているのだろうか。外交も国として重要である

ことは無論だが先日韓国と結んだ通貨危機の際の通貨スワップ

で5兆円の経済支援が決った。この金額は日本側からの申し出

である。財政難を理由に復興のための増税を掲げる政府が

今何故5兆円もの経済支援をこちら側から申し出るのか。

現政権は国内で何ら国民に説明責任をとらずに国外で突然

決定事項を発表する。消費税10%の表明も国内ではなく

国外で行っている。国会は何のためにあるのだろう。

野党もこうした事態をほとんど追及しない。国会で十分議論し

合って政策を決めて行く手順がこの間まったく無視されている。

 TPP参加の問題も国会では十分な議論がほとんど見られない。

詳細な情報が出されないまま参加の賛否だけが議論されている。

ウルトラ・リベラリズムは民主主義を崩壊させると歴史人口学者

で家族人類学者でもあるエマニュエル・トッドは言ったが、今の

日本の政治状況はまさに民主主義的手続きを崩壊させている。

本年9月の失業率は米国とフランスが9.1%で先進国中最も高い。

英国とイタリアは8%だ。ドイツが6%で日本は4.1%になっている。

7%を超えると危険域と言われる。先日ギリシャからイタリアへ

財政金融危機が波及し世界の株価が同時安となった。

 米国で先月から続いている「ウォール街を占拠せよ」の抗議行動で

ズコッティ公園に溢れんばかりのテントが並んでいる。

ウォールストリート・ジャーナル紙は「職なき世代」の特集を組んで

若者に仕事がない実態を報じている。16歳から24歳までの失業率は

16・7%にもなる。大卒でさえ7.7%で、高卒では21.1%なる。

名門大学であるアイビーリーグを卒業しても訪問販売ぐらいしかない

と言う。米国の金融資本は普通の人々の富を奪い尽くして超格差社会を

作り出した。そのウォール街の金融資本へは2008年にブッシュ政権は

7000億ドルを、さらに2009年にはオバマ政権が7500億ドルを支援の

ために投じたのだ。日本円で140兆円にもなるのだ。

先月ニューヨークで1週間を過ごした娘はどこへ行っても下働き的な

仕事には有色人種しか就いておらず、白人と有色人種の職がはっきりと

別れていることに今更ながら驚いたという。あるレストランでは

自分自身給仕と間違われたそうだ。

 時給がわずかな中で子供を育てる家庭は毎日が戦いで、請求書の

すべてに応じることはできないという。米国のこうした状況は日本の

未来を暗示する。これまで日本は戦後の終身雇用制によって良くも

悪くも働く者が保護されて来た。雇用保険や年金保険、医療保険が

整備されていた。官僚のずさんな管理のために年金保険が崩壊し、

派遣労働者制度の導入で終身雇用も崩れ、財政支出の削減の波で

医療も崩壊し始めた。

 今や雇用保険だけがまともに残されているが、TPPは雇用保険の

あり方まで変貌させてしまうだろう。米国のように企業負担分が

減らされて、就労者の負担分が大きくなって行くだろう。

健康保険制度は医療の自由化の名の下で確実に崩壊して行くだろう。

米国同様金がなければ医療を受けられない人々が急増して行くだろう。

「自由」とは放任ではない。規律と自由は切り離せない。

貿易も同じだ。規律を取り払った自由貿易はやりたい放題の最悪の

貿易でしかない。金融では世界でも稀な高さを誇る貯蓄率を保持して

来た日本の個人金融資産が確実に狙われて行く。

 これからの日本をどうするのか、どういう日本にしていくのか、

そうしたビジョンを提示する政治家や官僚、財界人が皆無であることが

日本の不幸であるのかも知れない。


---------------(転載終了)


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

scarpe hogan

river side family アウトドア&自作 8ヶ月という時間と変容。そして・・・

コメントの投稿

非公開コメント

no way

永遠に待ちの政治では、迅速な対応はできない。どこまでも停滞気味である。元来のんきな性格のためか、自分自身は無為無策でありながら、棚から牡丹餅の落ちてくるのを熱心に期待している。

現実の内容は、「世の中は、、、、、」の内容であり、理想の内容は、「あるべき姿」の内容である。これは非現実である。
日本語には時制がなく、日本人は現実 (現在) と非現実 (過去・未来) の世界を独立させて並行して言い表すことが難しい。
非現実 (理想) に向かうための現実対応策が語れない。
現実から理想へと一足飛びに内容が飛ぶ。言霊の効果のようなものか。その過程が明確にされない。

時制を考慮することなく自分の思った内容を述べようとすると、現実肯定主義派と空理空論 (曲学阿世) 派のどちらかに分かれることになる。
これでは政治音痴は止まらない。
両者は話が合わない状態に陥り、議論ができない。そこで、悪い意味での数合わせで、民主的に、物事を決するしかないことを日本人は心得ている。
だから、多数がとにかく足並みをそろえる大連立の構想には意味があると考えられているのであろう。

守旧派の世界は理想的ではないが、過不足なく成り立っている。革新派の世界は穴だらけで成り立たないことが多い。
安心と不信の背比べである。だから、政治家は静観が多く、意思決定には手間を取る。
静観には現在時制を働かせるだけで十分であるが、意思決定に至るには意思(未来時制の内容)の制作が必要になる。
意思の制作に未来時制が必要であるということは、自分が意思を作って示すことも他人から意思を受け取ることも難しいということになる。
つまり、社会全体が意思疎通を欠いた状態のままでとどまっているということである。
それで、勝手な解釈に近い以心伝心が貴重なものと考えられている。

時代に取り残されるのではないかという憂いが常に社会に漂っている。
英米人の政治哲学に基づいて次々と繰り出されてくる条約締結の提案には、ただたじろぐばかりである。
自分たちには、哲学がない。理想もなければ、それに向かって踏み出す力もない。
筋道を明らかにされることのない指導者からの励みの要請に民は閉塞感を持っている。玉砕戦法のようなものか。
だから、我々は耐え難きを耐え、忍び難きを忍ぶ必要に迫られることになる。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

>>nogaさん

コメントありがとうございます。

とても難しい内容でして、正直戸惑いました。

nogaさんが伝えたいことが良く理解できませんでした。

ボクが理解力に欠けているという要因は多々ありますが、

結局、こちらの文章自体が「意思疎通を欠いた状態」のような

気もしますが・・・(失礼)

確かに言語というものは、情報や意思の伝達方法のほかに

その言語をつかうものの思考に大きく影響するものですよね。

日本人の思考ぐせの大きな要因の一つに、日本語というもの

があるのでしょうね。

ただし、それが欧米のそれと異なるからといって良くない

ものとはいい得ないのではないでしょうか?

(まあ、nogaさんがそのように考えているのかどうかも、

ボクにはよくわからなかったのですが・・・違っていたら

すみません。)

今回の野田総理のTPP交渉参加表明においても、

賛成派と慎重派(または反対派)とで、それぞれ

玉虫色の解釈をしていて、日本語の良くない部分が

出ておりますね。

日本語には確かにそうゆう部分もありますが、

長い歴史を経て培ってきた言語(≒文化)は

一概に否定できるものではないでしょう。

そしてこうゆう時代であるからこそ、日本のもつ

独自性は大切なのではないでしょうか?

哲学もなく、理想もないのは、

根拠なき欧米社会への隷属が原因であり

決して言語のせいではないと思いますが。

No title

Subject: タイトル:フリーで使えるPAYコンテンツ


fc2ブログfreeのほそみぃと申します。
ブログを見させていただき、ご提案させていただきたい事がありまして、メールさせていただきました。

私のブログでも利用しておりますが、完全にフリーで使えるブログ【コンテンツパーツ】です。
コンテンツパーツを張り付けることで、ブログのコンテンツ充実閲覧リピート、そしてアフェリエイトよりも堅実な収益を生み出すことができます。
※ブログを見にきてくれた方に、商品購入をお願いするものではありません。


--------------------------------------------------------
■コンテンツパーツ利用料:フリー
■報酬:1日50アクセス位あれば月に3,000円程度
--------------------------------------------------------

詳しいプログラム内容は私のブログでの活用方法をご参照ください。


または、サービス提供会社である私の所属会社「株式会社オッジPFT」のWebサイトをご覧ください。


9月のサービス開始以来、驚異的な数のブログ運営者様にご参加いただいております。ぜひご検討の程宜しくお願いします。


S家と分家の皆様へ

こちらのブログを私的に使わせていただきます。
誠に申し訳ございません。
管理人様、本当に申し訳ございません。
世界は100年に一度の大恐慌に入りました。
キチガイの戯言で結構ですが少しだけでもこのアホウの戯言に耳を傾けて下さい。テレビ、新聞が情報のすべての方はあらゆる情報の宝庫であるインターネットでいろいろお調べになりご自身で御判断してください。
srs様、本当に申し訳ありません???

>>ジョンのれんさん

23日が期限だった米財政赤字削減策協議が決裂。
マスコミはその影響を表沙汰にはしませんが
以前から言われていたアメリカ没落危機が
じわじわと浮かび出てきましたね。
もうごまかしはきかなくなって来ているのでしょう。

すでに末期状態の有様、何が起きても
おかしくはありません。

ここ数日原因不明の腰痛に悩まされ、
PCの前にいられないSRSです。
しかし、自分で調べ、判断しなければいけないご時勢。
みなさん気を引き締めていきましょうね。

ジョンさん、ここを使われるのは一向に構いません。
何かありましたらヨロシク!

お疲れ様でした

まったく 内容違いだけど。。。

今年は本当の意味において色々ありましたね。
人生において二度としないような 

しかし年が改まり これからは良いことしかないと思います
着実に進んでいってくださいね。

では お体に無理をなさらないように

Vagabund でした

>>Vagabundさん

ご無沙汰しております。
その節はいろいろと本当にありがとうございました。
本当に色々なことがあった一年でした。
来年は良い年になることを願ってやみませんね。

ぜんぜんご連絡しておらず申し訳ございません。
コメント嬉しかったです。

本当にありがとうございます。mv-14
プロフィール

s. river side

Author:s. river side
略してS.R.S

カレンダー
<10 | 2017/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
感謝します。励みになってます。

FC2Blog Ranking

こちらもチェック!!
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
S.R.Sオススメ!=リンク=
最新記事
最新コメント
カテゴリ (新しい記事順に変更)
過去記事(ログ)スクロール
コメント・拍手 大歓迎です!
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。